【子供向けイベント】与謝野晶子の童話読み聞かせ♪【さかい利晶の杜】

こんにちは!ぐっちーです!

今回は7/22(土)にさかい利晶の杜の2階講座室で行われた

与謝野晶子の童話読み聞かせイベントにお邪魔してきました。

このイベントは、歌集「みだれ髪」や詩「君死にたまふことなかれ」などで知られる言わずと知れた

歌人与謝野晶子が創作した童話をお子様向けに読み聞かせを行うというイベントです。

参加は無料予約制で、5歳から小学校6年生までのお子様とその保護者の方々が参加できます。

毎年1回開催しており、今年で3回目。これまで館内の与謝野晶子の実家である「駿河屋」を再現した所で行われていましたが、今回から2階講座室での開催となりました。

再現された与謝野晶子の実家である「駿河屋」。和菓子屋さんだそう。

 

ところで、皆さんは与謝野晶子が童話を創作していたことを知っていましたか?

与謝野晶子と言えば、歌集や詩がすぐイメージされるかと思います。ぼくもそうでした。

しかし、与謝野晶子には実に11人の子供がおり、その子達への語り聞かせから生まれたそうです。

100を超える童話の中から今回読み聞かせされたのは、

初の童話作品である「金魚のお使い」と、「金ちゃん蛍」の2つです。

司会進行役に与謝野晶子倶楽部の田中和子さん、

語り部には、京都の小学校などでも読み聞かせイベントをされている同志社女子大学講師である古澤夕起子さんです。

読み聞かせイベントの様子。小さい子供たちが姿勢良く集中して聞いています。

講座室内は真ん中に子供たちが座り、その周りに保護者の方々が見守っているスタイル。

読み聞かせが始まるまでは元気にはしゃいでいた子供たちですが、ひとたび先生が童話を話し始めると

ピシッと背筋を伸ばして静かに物語に入っていました。靴もキレイにそろっています。

先生は子供たちがわからない言葉は説明したり、時々質問したりしていて、より物語を聞き入っていました。

「金魚のお使い」は紙芝居スタイルで、「金ちゃん蛍」はパネルシアターと呼ばれる不織布を使った子供たちも貼り付けたりできる参加型の紙芝居でした。

楽しそうにパネルシアターに参加している子供たち。蛍のお尻の光を付けています。

およそ30分間のイベントが終わった後に、一番前で読み聞かせを聞いていた、しばたまさと君にインタビューすることができました。まさと君はこのイベントには初めての参加で、与謝野晶子のことは知らなかったけど童話の話がすごく面白かったと話してくれました。なんと実は、まみたん会員のお客様で、まさと君が小さい頃から数々のイベントに参加してくださってたそう!なんとも嬉しい出会いでした♪

また先生曰く、与謝野晶子の童話には教訓というものがなく、ファンタジックなストーリーでいつの時代の子供たちにも楽しんでもらえる内容だとおっしゃっておられました。今日の子供たちはいつもより反応も良く、行儀良く読み聞かせを聞いていたそうです。

まだまだ与謝野晶子には私たちの知らない魅力がたくさんありそうですね!

ということで、次回は8/5(土)に1階茶室で晶子百首かるた会が行われるそうです!

こちらも参加無料、予約制のイベントで、小学生、中学生、高校生とその保護者の方々を対象に行われます。

夏休みに、かるたを通して晶子の短歌の世界に触れてみませんか??

応募はFAX、郵送、E-Mail、ホームページより行うことができます。

詳しくは、さかい利晶の杜ホームページをご覧ください♪

 

○さかい利晶の杜

・開館時間 千利休茶の湯館、与謝野晶子記念館、観光案内展示室 9:00~18:00

茶の湯体験施設 10:00~17:00

・休館日 千利休茶の湯館、与謝野晶子記念館、茶の湯体験施設 第3火曜日および年末年始(12/29~1/3)

観光案内展示室 年末年始(12/29~1/3)

・利用料金

区分 大人(大学生含む) 高校生 中学生以下
観光案内展示室 無料 無料 無料
千利休茶の湯館、与謝野晶子記念館 300円 200円 100円
立礼呈茶(抹茶と和菓子) 500円 400円 300円
茶室お点前体験【予約制】 500円 400円 300円
さかい待庵特別観覧セット【申込制】(展示観覧・立礼呈茶含む) 1000円 800円 500円

・駐車場 普通車 1時間200円*施設利用者に割引有

バス 1回1000円【予約制】

・ホームページ http://www.sakai-rishonomori.com/

・アクセス 阪堺線宿院駅より徒歩1分

南海本線堺駅より徒歩10分