【堺大魚夜市2017★イベレポ】今年も大盛り上がり!!祭り当日の様子は・・・?

こんにちは編集長(ふ)&ぐっちーです。
今日は、堺区の大浜公園で行われた大魚夜市のレポートをお届けします。

毎年7月31日に行われているこの大魚夜市700年以上の歴史があるといわれていますが、そもそもなんのイベントやねんというと、実は8月1日に行われる「御渡り」の前夜祭なんです。住吉大社から堺の宿院頓宮へ住吉の神様がお越しになって、大阪の三国(和泉・摂津・河内)の境である堺で、三国のお祓いをするビッグイベントが「御渡り」です。

そんなわけで大魚夜市では、お祓いの神事が行われたり、住吉踊りも奉納されます。明治から大正にかけては、住吉のお神輿は直接宿院へ行かず、この大浜で一泊か二泊されたこともあったそうです。

堺沖は茅渟の海と呼ばれ、埋め立て前は春には鯛の群れが海面から盛り上がる「魚島」が見られ、ご近所に鯛を配る習慣がありました。

 

その住吉大社に魚などを奉納して、そのあまりを魚セリで売ったのが大魚夜市のはじまりだとされています。日本中や時には朝鮮半島からも市に参加しにくることもあったとか。
今ではプロのお魚屋さんではなく、堺市の色んな団体が臨時の魚屋さんになって、超特価でお魚を売るようになっています。

堺観光コンシェルジュのみなさんも売り子さんに! 巨大なアジが3匹1000円とか、タコまるまる二匹で1000円とか、時間とともにどんどん安くなるー! 素晴らしきかな大魚夜市です。

 

そしてお魚だけでなく、屋台やライブイベント・格闘技などもあるのが、現代の大魚夜市です。

おや、ひときわ長い行列の出来ているブースがあるよ? ここは……。

「さかにゅー」&「ぱど」のブースでした! 【ぱどにゃんこアプリダウンロード促進キャンペーン!
↓ちょっとPR↓
※ぱどにゃんことは・・・『楽しくて、役に立ち、得をする』スマホアプリです!
【ぱどにゃんこアプリダウンロードで先着300本お茶無料!】のがらがら抽選会が大人気で、多くのお客様に来ていただきましたよ。読者のみなさんも来てくださいましたか?
ダウンロードされた方!ありがとうございます。アカウント設定いただくと、より身近でお得な情報をGETできます★でもぜひお願いします!

屋台も昔風の当てものやカステラ、たこ焼きなんかだけでなく、台湾かき氷やトルコケバブもあるのが今風ですよね。インターナショナルなのも、貿易港・堺らしくていいかも。

グルメも色々。僕は牛タン串をいただいたよ!

そして、来場者も多彩でインターナショナルでした!
(以下、ぐっちーレポートです!)

 

堺観光PRスタッフ『堺観光コンシェルジュ』の方々。会場内でひときわ目立ってました♪

 

今が旬!なハニワ課長とハニワちゃんに出会えました!皆さんも見つけたら話しかけてみてくださいね♪

 

ノリの良い仲良し3人組!お祭りを楽しんでいました♪

 

このお二人実はオーストラリア人!さかにゅーついに世界進出か?!

 

台湾からお越しの女性!堺大魚夜市はグローバルな祭りなのかな?

 

初々しいカップルが浴衣でお祭りデート♪彼女はブラジルとのハーフなんだそう!

 

優しそうな彼と浴衣の似合う彼女♪ビールも飲んで楽しそうでした!

再び、編集長(ふ)です。いかがですか? みんないい笑顔ですね。
ちなみに、竹山市長もいらしてましたよ! 丁度、この日には「百舌鳥古市古墳群」の世界遺産国内推薦が決定し、盛り上がっていました。おめでとうございます!

なお、ぐっちーによる、ステージイベント出演のアーティストさんのレポートは→こちら!

そして、人気の外国人ライターりんごさんのレポートは→こちら! と こちら!

さて、フィナーレを飾るのは、花火の打ち上げ。旧堺港の周辺にはたくさんの見物客が来ていました。今年は有料の観覧ゾーンも出来ていましたので、特等席で観たい方はそちらをチェックしてくださいね。

小さなお子様やわんちゃんも足を止めて、花火を見上げていました。きっといい思い出になったことでしょう。