【団長特集・ふとん太鼓編】百舌鳥八幡宮 2017今年の百舌鳥9町連合の団長さん★

毎年観客人数10万人を超える百舌鳥八幡宮月見祭。

2017年度は宮入10月7日(土)・宮出8日(日)の日程で行われます。

「月見祭」といわれるようにかつては中秋の名月に行われていた百舌鳥地区のお祭り。
最近では毎年中秋の名月の頃の土曜・日曜に行われ、ふとん太鼓の奉納や稚児行列などが催されます。
大(親)太鼓は約3トン程のふとん太鼓(みこし)に、太鼓の叩き&歌い手の小学生8名ほどのを乗せ、70名ほどの成人男性が「べぇら べぇら べらしょっしょい」の掛け声とともに、町内を練り歩く。また境内へ奉納されるまでの心臓破りな階段をも一気に担ぎ切る様子、また、「よ~いやせ~」で一気に高く太鼓をかざす「いやせ」は圧巻です!
百舌鳥八幡宮が位置する赤畑町の太鼓の宮入を皮切りに、毎年参会で決まった順ごとに9町が次々に奉納。
宮入、宮出時の各町オリジナルの気合の入ったパフォーマンスも注目。担ぐリズムと共にふとん太鼓のふさの揺れ具合にも注目。房の中まできれいに花が咲くように左右に散る姿は勇壮華麗です。
また、9町全ては宮入した後の、9町連合のパフォーマンスもおすすめですよ!
以前、百舌鳥八幡★布団太鼓情報】10/7(土)・10/8(日)@百舌鳥八幡宮で2017年度の順番もご紹介しました。

では、今年の団長さんを宮入の順にご紹介★


【百舌鳥連合 赤畑町青年団団長 大川圭祐さん】

◆試験担ぎの日程:平成29年9月24日(日) 【(雨天時10月1日(日)】
◆本担ぎの日程:宮入 10月7日(土) 11:00〜12:00
宮出 10月8日(日) 18:40〜19:40 (境内運行時間)

◆ ご自分の町の自慢をどうぞ♪
こだわって作成した美しい太鼓台。宮元として、毎年宮入一番太鼓として運行しています。
当町が宮入しないと祭は始まりません!

◆見せ場は?:宮出の境内倉出しイベント

◆ルートは?:八幡宮周辺を運行します。

宮入ルート

宮出ルート

 

 

【百舌鳥連合 中百舌鳥町青年団団長 芝本健一さん】

◆試験担ぎの日程:平成29年9月24日(日) 
◆本担ぎの日程:宮入 10月7日(土) 13:20~14:20
宮出 10月8日(日) 17:30~18:30(境内運行時間)

◆ ご自分の町の自慢をどうぞ♪
青年団の人数は少ないですが皆で仲良く力を合わせて活動してます。 どこの町よりも豪華絢爛な太鼓台が何よりの自慢です!

◆見せ場は?:スモークの中から大名行列のごとく提灯を筆頭に太鼓台が現れ、豪快に房を揺らしながら担ぐ勇壮華麗な姿をご覧下さい。

◆ルートは?: 中百舌鳥町の提灯がぶら下がっている道は 全て通ります。

 

 

【百舌鳥連合 土師町青年団団長 田中 乙輔さん】

◆試験担ぎの日程:平成29年9月24日(日) 16:00~

◆本担ぎの日程:宮入 10月7日(土) 14:30~15:30
宮出 10月8日(日) 21:00~22:00(境内運行時間)

◆ ご自分の町の自慢をどうぞ♪
百舌鳥八幡の九町で唯一の黒房太鼓です。その豪快な担ぎを是非ご覧ください。
また、青年団による伊勢音頭も見所の1つです。宮入宮出の運行の前に歌わせていただきます。

◆見せ場は?:鳥居周辺、小屋入り時。

 

◆ルートは?: 土師町から百舌鳥八幡まで。

 

 

【百舌鳥連合 西之町青年団団長 山尾将史さん】

◆試験担ぎの日程:平成29年9月24日(日) 
◆本担ぎの日程:宮入 10月7日(土) 15:40~16:40
宮出 10月8日(日) 16:20~17:20(境内運行時間)

◆ ご自分の町の自慢をどうぞ♪
西之町布団太鼓の特徴は二種類のふとん締めで、宮入は金綱を施し、宮出は歴史上の名高い武将を華やかな刺繍で表現しています。少人数で他町に負けない担ぎをすることが特徴です。

◆見せ場は?:宮出の小屋出しの演出が見せ場です!

◆ルートは?: 西之町公民館→百舌鳥小学校前→正面鳥居

 

 

【百舌鳥連合 本町青年団団長 春名 弘之さん】

◆試験担ぎの日程:平成29年9月24日(日) 
◆本担ぎの日程:宮入 10月7日(土) 16:50~17:50
宮出 10月8日(日) 11:40~12:40(境内運行時間)

◆ ご自分の町の自慢をどうぞ♪
今年度本町ふとん太鼓は新調をしました。
太鼓台の特徴として日本全国どこにもない総黒檀造りの太鼓台と奥行きがあり迫力のある彫り物が特徴です。
町章紋である正面の瓢箪と後面の扇は細部まで手の込んだ仕上がりで、本町の特徴である、「羽子板のふとん締め」と「外幕」は立体的で色鮮やかな刺繍が施されています。
また、鳴り太鼓は本町独特のゆっくりとした担ぎに合わせた重低音で伸びのある大きな響きとなるよう百舌鳥九町で一番大きな鏡面の鳴り太鼓です。
今年も、百舌鳥本町は新調した太鼓と共に勇壮豪快な担ぎを魅せ、最高の祭りをします。

◆見せ場は?:宮出。紙破りで出てくる迫力のある太鼓台

◆ルートは?:

 

 

【百舌鳥連合 土塔町青年団団長 荒井 大翼さん】

◆試験担ぎの日程:平成29年9月24日(日) 
◆本担ぎの日程:宮入 10月7日(土) 18:00~19:00
宮出 10月8日(日) 15:10~16:10(境内運行時間)

◆ ご自分の町の自慢をどうぞ♪
土塔町は百舌鳥八幡宮から一番遠い町の為、担ぐ距離が一番長いです。青年団もたくさん担いでみんなで祭りを盛り上げていますので、皆様是非ご観覧ください。

 

◆見せ場は?:土塔町太鼓復活15周年の演出にご注目ください!

◆ルートは?:土塔町太鼓会館➡ローソン➡サークルK➡土師町太鼓会館前➡ファミリーマート➡サイゼリア&ビッグボーイ➡百舌鳥小学校➡百舌鳥八幡宮

 

 

【百舌鳥連合 梅町青年団団長 金本 慶さん】

 

◆試験担ぎの日程:平成29年9月24日(日) ※予備日10/1(日)
◆本担ぎの日程:宮入 10月7日(土) 19:10~20:10
宮出 10月8日(日) 19:50~20:50(境内運行時間)

◆ ご自分の町の自慢をどうぞ♪
今年は大太鼓の太鼓の修繕をしたので、太鼓台や担ぎ手の勇姿だけでなく、太鼓の音の迫力にも注目してください! また、貴重な技術が使われており、長い歴史のある彫り物もぜひ見てください!

◆見せ場は?:階段や本殿前、蔵入れ・蔵出しも当然ながら、宮出後に会館に到着する際も一見の価値アリです。

◆ルートは?:梅町自治会館から府道197号線を通り、正面参道より宮入りします。

 

 

【百舌鳥連合 梅北町青年団団長 阪田 晃希さん】

◆試験担ぎの日程:平成29年9月24日(日)13:00~ 
◆本担ぎの日程:宮入 10月7日(土) 20:20~21:20
宮出 10月8日(日) 14:00~15:00(境内運行時間)

◆ ご自分の町の自慢をどうぞ♪
梅北青年団は辛くても、しんどくても、みんな元気についてきてくれる青年団です!

◆見せ場は?:本殿前での小休止後、青年団全員で団歌を歌い祭りを盛り上げます!

◆ルートは?:公民館を出発し、国道310号線を通り、東参道より宮入

 

 

【百舌鳥連合 陵南町青年団団長 南 昂希さん】

◆試験担ぎの日程:平成29年9月24日(日)13:00~ 
◆本担ぎの日程:宮入 10月7日(土) 21:30~22:30
宮出 10月8日(日) 12:50~13:50(境内運行時間)

◆ ご自分の町の自慢をどうぞ♪
木本来の味を大切にする為に太鼓台にニス等を使用せず、専用のワックスを使って手入れしています。
陵南町の一番の魅力は繊細で奥行きのある彫り物です。

◆見せ場は?:全部です!!全部見て下さい!!

 

◆ルートは?:

 

 

★夜はライトアップされて昼間とは違う美しさもあります。
各町の団長さんの熱い思いを間近で感じてみてください♪

 

さかマガ12月号発行中
さかマガ12月号発行中