《6月6日オープン》保護猫とカフェ『二ャンとぴあ』にいってきました☆

こんにちは♪もっさんです☆ 前回さかにゅーでご紹介した、『長尾町に保護猫カフェが近日オープン』という記事をご紹介しましたが(前回の記事はコチラ
投稿者の方から、『6月6日に二ャンとぴあさんがオープンしていました!ぜひ紹介してください♪』というお声をいただきました♪

2015年の犬と猫の飼育実態調査の結果は、推計で犬が約991万7千匹、猫が約987万4千匹と、猫が上回り今猫ブームですね☆
お店名の、保護猫というのも気になり、実際にお店に行ってきました♪

外観

窓から中の様子が見えるのですが、猫ちゃんが窓辺で日向ぼっこ♪

気持ちよさそ〜☆

ポカポカ気持ちいのか寝ていました♪ 早速お店の中に入ると、猫ちゃんの方から近寄ってきてくれました!

初めてみる人にも興味津々なご様子♪ お店の中は猫ちゃんが楽しめ、居心地が過ごせるような工夫やおもちゃが用意されています。

キャットウォークたタワーがありました♪

このお店にいる猫ちゃん達が写真で紹介されていました。

こちらの『保護猫とカフェ 二ャンとぴあ』さんは、NPO法人 おおさかねこ倶楽部さんが母体となり、運営されています。
おおさかねこ倶楽部さんは、野良猫がいないまちづくりを目指し活動を行っていて、保護から
ワクチン接種や去勢・避妊手術・里親探しのお手伝いをしています。
ここの猫ちゃんも、みんな公園などで保護された猫ちゃんたちで、中には人間からの虐待を受けた猫ちゃんもいました。

みんなワクチン・避妊、去勢手術を受けています。

おおさかねこ倶楽部では一匹一匹撫でて、しっかりコミュニケーションをとってケアするのが難しいので、こういったカフェという形で、色々な方に触れてもらい、可愛がってもらうことで、猫が人に慣れ、里親さんに引き取ってもらってからも、スムーズに新しい生活に馴染めることを目的として開いたとお話してくださいました。

こちらの猫ちゃんは、本当に人懐っこくて、『撫でて撫でて〜♪』と甘えてきてくれます☆

甘えておねだり♪

お尻をつきあげるポーズは、猫が甘えて撫でて欲しい時によくするポーズだそうです♪

なでなでしてあげると、『ぼくも撫でてー!』ヤキモチをやいて割り込んできてくれる猫ちゃんも♪ もっさん、初めてのモテ期到来(笑)

気まぐれで、そっけないというイメージでしたが、猫ちゃんはとっても甘えん坊で人と遊びのが、大好きなんだそうです♪

◇ こちらの猫ちゃんはみんな新しい家族を待っています。 

みんなこちらの猫ちゃんは、猫ちゃんの天命を全うするまで、大事に育ててくれる新しい家族をまっています。

スタッフの方々は『次こそは、人間のエゴで不幸になりませんように』という思いで、今、大切に大切に自分のお子さんのように育てています。

『お譲りするにあたって、条件を満たされている方以外にはお譲りしていないんです。せっかく名乗り出てくださっても、一つでもかけていたら、申し訳ないんですが、お断りしています。』ということでした。(里親について詳しく条件紹介しているのはコチラ
命には人間も猫も変わらないですもんね。

コチラのカフェのいいところは、里親希望の方と猫が何回も何回のコミュニケーションをとることができ、本当に猫にとって幸せな生活が送れるのか、双方お互いじっくり考えて決めることができることです。

猫ちゃんを家で引き取りたいとお考え中の方は、一度足を運ばれて、スタッフの方に色々と相談されてみてもいいと思います。
もちろん!純粋に猫カフェとして猫ちゃんとのふれあいにぜひ遊びに行ってみてください♪
※※基本データー※※
店名:保護猫とカフェ『二ャンとぴあ』
住所:堺市北区長尾町4-3-2
TEL:080-4397-6599
営業時間:13:00〜18:00
定休日:日曜・月曜日
料金:1時間¥700(1ドリンク付き)追加料金30分¥300

今回は電車で行きましたが、JR堺市駅から歩いて10分もかかりませんでした!

東口から出て、商店街を歩きます。

地元の方々に愛された商店街♪

ずっとあるくと、前回さかにゅーでご紹介した、和菓子屋たからやさんが見えてくるので、その筋を右にまっすぐ進みます。

さかマガ2月号発行中
さかマガ2月号発行中