【堺区】夏の風物詩 御渡り2017 (1)

堺の夏の風物詩は、大魚夜市だけではありません。その翌日、大魚夜市の本祭ともいえる「住吉祭」の御渡りです。住吉大社から担がれてきた大神輿が、大和川の真ん中で堺衆に受け渡されて、宿院頓宮にまで行くという神事。

残念ながら今年は大和川の増水で川を渡ることはできず、橋の上での引き継ぎになりました。

大和川からの様子を写真に収めましたのでご覧ください。

大和川の土手を登っていく大神輿。お神輿としてはかなり大きなサイズなので、担ぐのは大変です。

 

体格のいい、やたら戦闘能力の高そうな若者たちが担いでいるなぁと思ったら、関西大学堺キャンパスの運動部の部員さんが参加しているそうです。どうりでいい筋肉です。

 

並松町で、夜にそなえて提灯をつけていました。

 

 

担ぎあげる時の力の入り方! 

(2)に続きます。

さかマガ12月号発行中
さかマガ12月号発行中