【団長特集2018・ふとん太鼓編】百舌鳥八幡宮 2018今年の百舌鳥9町連合の団長さん★

毎年観客人数10万人を超える百舌鳥八幡宮月見祭。

2018年度は宮入9月22日(土)・宮出23日(日)の日程で行われます。

「月見祭」といわれるようにかつては中秋の名月に行われていた百舌鳥地区のお祭り。
最近では毎年中秋の名月の頃の土曜・日曜に行われ、ふとん太鼓の奉納や稚児行列などが催されます。
大(親)太鼓は約3トン程のふとん太鼓(みこし)に、太鼓の叩き&歌い手の小学生8名ほどのを乗せ、70名ほどの成人男性が「べぇら べぇら べらしょっしょい」の掛け声とともに、町内を練り歩く。また境内へ奉納されるまでの心臓破りな階段をも一気に担ぎ切る様子、また、「よ~いやせ~」で一気に高く太鼓をかざす「いやせ」は圧巻です!
百舌鳥八幡宮が位置する赤畑町の太鼓の宮入を皮切りに、毎年参会で決まった順ごとに9町が次々に奉納。
宮入、宮出時の各町オリジナルの気合の入ったパフォーマンスも注目。担ぐリズムと共にふとん太鼓のふさの揺れ具合にも注目。房の中まできれいに華が咲くように左右に散る姿は勇壮華麗です。
また、9町全ては宮入した後の、9町連合のパフォーマンスもおすすめですよ!
以前、【百舌鳥八幡★布団太鼓情報2018】9/22(土)・9/23(日)@百舌鳥八幡宮で2018年度の順番もご紹介しました。

では、今年の団長さんを宮入の順にご紹介★


【百舌鳥連合 赤畑町青年団団長 松井 亮さん】


◆試験担ぎの日程:平成30年9月9日(日) 
◆本担ぎの日程:宮入 9月22日(土) 11:00〜12:00
宮出 9月23日(日) 11:40〜12:40 (境内運行時間)

◆ ご自分の町の自慢をどうぞ♪
 赤畑町は宮本、一番太鼓として、一番初めに宮入する町。今年は宮出も一番となり、町内一致団結し、気合い充分です!! 今年もしっかりと太鼓を組み上げ、赤畑町らしい担ぎで奉納させて頂きます!! どうぞ、今年の赤畑町を楽しみに百舌鳥八幡宮月見祭へお越し下さい!

◆見せ場は?:
一番の見せ場は宮出の本殿前で見せる担ぎ上げ。
階段を上がり豪快に担ぎます。
宮入宮出一番として、気合い充分な赤畑町一番太鼓を楽しみに!!!!

◆ルートは?:八幡宮周辺を運行します。

宮出ルート

 

【百舌鳥連合 陵南町青年団団長 辻尾 淳さん】

◆試験担ぎの日程:平成30年9月9日(日)
◆本担ぎの日程:宮入 9月22日(土) 13:20~14:20
宮出 9月23日(日) 19:50~20:50(境内運行時間)

◆ ご自分の町の自慢をどうぞ♪
陵南町は伝統ある太鼓台をより良く魅せるために、普段から手入れをし、太鼓台に触れる時は手袋を着用するなどして大切にしています。 また、繊細で奥行きのある彫り物が魅力的です。 町で一致団結して勇壮華麗に担ぎます

◆見せ場は?:
今年は9年に1度の年番町なのでいつも以上に気合いを入れて祭りを盛り上げていきます!

◆ルートは?:

 

【百舌鳥連合 梅北町青年団団長 高畑 和磨さん】
◆試験担ぎの日程:平成30年9月9日(日)
◆本担ぎの日程:宮入 9月22日(土)14:30~15:30
宮出 9月23日(日) 21:00~22:00(境内運行時間)

◆ ご自分の町の自慢をどうぞ♪
梅北青年団の熱い姿、 梅北町の担ぎ手の勇壮華麗な担ぎっぷり見ていって下さい!

◆見せ場は?:
担ぎ手の見事なまでに揃った足並み、そして華麗に咲かせる房の華を見ていって下さい!

◆ルートは?:公民館を出発し、国道310号線を通り、東参道より宮入

 

【百舌鳥連合 本町青年団団長 中尾 友哉さん】

◆試験担ぎの日程:平成30年9月9日(日) 15:00~
◆本担ぎの日程:宮入 9月22日(土) 15:40~16:40
宮出 9月23日(日) 18:40~19:40(境内運行時間)

◆ ご自分の町の自慢をどうぞ♪
昨年太鼓台を新調いたしました!
迫力のある太鼓台に負けず劣らず、本町独特ゆったりとしたリズムに合わせて豪快に担ぎます!

◆見せ場は?:本殿前、太鼓蔵での担ぎ、演出には目を離さないでください!

◆ルートは?:

 

【百舌鳥連合 中百舌鳥町青年団団長 木本 勝太さん】

◆試験担ぎの日程:平成30年9月9日(日) 15:30~
◆本担ぎの日程:宮入 9月22日(土) 16:50~17:50
宮出 9月23日(日) 12:50~13:50(境内運行時間)

◆ ご自分の町の自慢をどうぞ♪
銘木、紫檀、黒檀、鉄刀木、花梨を用いた総唐木の堅牢で均整とれた造りの精巧な彫物や金具。純金糸の独特な輝き大阪太鼓の響き乱舞する房はまさに勇壮華麗です!

◆見せ場は?:
中百舌鳥町青年団は人数が少ないですが、今年も少数精鋭でがんばっていきます!

◆ルートは?: 中百舌鳥町の提灯がぶら下がっている道は 全て通ります。

 

【百舌鳥連合 土塔町青年団団長 松本  憲人さん】


◆試験担ぎの日程:平成30年9月9日(日)
◆本担ぎの日程:宮入 9月22日(土) 18:00~19:00
宮出 9月23日(日) 15:10~16:10(境内運行時間)

◆ ご自分の町の自慢をどうぞ♪
土塔町布団太鼓は今年で復活16年目となります。
復活前から続く伝統の飾り提灯宮入後に装飾しているところが特徴です。

◆見せ場は?:
土塔町は9町の中でも一番遠いところから百舌鳥八幡へ奉納しており、担いでいる時間は1番長いです!! 見せ場としては宮入の蔵入れの時、今年も盛大に担ぎ、演出にもこだわってやっていきますのでご注目ください。

◆ルートは?:土塔町太鼓会館➡ローソン➡サークルK➡土師町太鼓会館前➡ファミリーマート➡サイゼリア&ビッグボーイ➡百舌鳥小学校➡百舌鳥八幡宮


【百舌鳥連合 土師町青年団団長 西野 達也さん】


◆試験担ぎの日程:平成30年9月9日(日)
◆本担ぎの日程:宮入 9月22日(土) 19:10~20:10
宮出 9月23日(日) 17:30~18:30(境内運行時間)

◆ ご自分の町の自慢をどうぞ♪
今年は90周年ということもあり昨年よりもさらに頑張ってまいります。
9町で唯一の黒房が特徴です。
また、宮入前宮出前に青年団による伊勢音頭が見どころの一つです。 ぜひご覧ください。

◆見せ場は?:
鳥居周辺本殿前太鼓小屋周辺が見せ場です★

◆ルートは?: 土師町から百舌鳥八幡まで。


【百舌鳥連合 西之町青年団団長 山尾 将史さん】

◆試験担ぎの日程:平成30年9月9日(日) 
◆本担ぎの日程:宮入 9月22日(土) 20:20~21:20
宮出 9月23日(日) 14:00~15:00(境内運行時間)

◆ ご自分の町の自慢をどうぞ♪
西之町ふとん太鼓の見どころは今年、大太鼓新調二十周年を迎えるので、一致団結して他町に負けない過去最高の盛り上がりを見せます!是非、見にきてください。

◆見せ場は?:小屋での演出が見せ場です!

◆ルートは?: 西之町公民館→百舌鳥小学校前→正面鳥居

 

 

【百舌鳥連合 梅町青年団団長 石田 陽大さん】
◆試験担ぎの日程:平成30年9月9日(日) 
◆本担ぎの日程:宮入 9月22日(土)21:30~22:30
宮出 9月23日(日) 16:20~17:20(境内運行時間)

◆ ご自分の町の自慢をどうぞ♪
梅町ふとん太鼓は宮入に金綱宮出に龍2種類のふとん締めを施しています。 房を壮大に揺らした迫力ある担ぎが魅力です。

◆見せ場は?:
参道本殿前の担ぎから蔵入れ蔵出しの演出まで全て見せ場です!

◆ルートは?:梅町自治会館から府道197号線を通り、正面参道より宮入りします。

★夜はライトアップされて昼間とは違う美しさもあります。
各町の団長さんの熱い思いを間近で感じてみてください♪

 

*平成30年度の百舌鳥八幡宮月見祭 記念品 情報*

 

 

 

 

 

 

タオル、トートバッグは
宮入、宮出とも朝10時から22時30分まで販売!

ブレスレットに関しては
22日14時
23日11時20分から販売開始。

値段は
タオル1,000円
トートバッグ2,000円
ブレスレット5,000円
ブレスレットは限定200個の商品で早い者勝ちとなります。
関連記事:【百舌鳥八幡★布団太鼓情報2018】9/22(土)・9/23(日)@百舌鳥八幡宮

さかマガ12月号 11/16発行!!
さかマガ12月号 11/16発行!!