【企画展開催中】さかい利晶の杜「与謝野夫妻の旅」~歌とパノラマ地図で旅気分♪~【取材記事】:

堺市堺区「さかい利晶の杜」では、2021年11月20日(土)より企画展「与謝野寛・晶子夫妻の旅ーパノラマ地図でたどる観光名所ー」を開催しています!

いったいどんな内容なのか、取材させていただきましたので早速ご覧ください!

 

さかい利晶の杜とは

さかい利晶の杜

茶の湯の大成者「千利休」と、日本近代文学を代表する歌人「与謝野晶子」の生涯や人物像の紹介、堺の歴史・わび茶文化の魅力を発信する文化観光施設で、2015年3月20日にオープンしました。

その歴史や文化を学ぶだけでなく、実際に体験できる「茶の湯体験施設」では、表千家・裏千家・武者小路千家のお点前により椅子席でお抹茶とお菓子を味わっていただく立礼呈茶も行われています。
(新型コロナウイルス感染拡大防止のため現在休止中、再開に関しましては公式HPをご覧ください)

また利休が作った茶室で唯一現代に残る国宝「待庵(たいあん)」の創建当初の姿を復元した「さかい待庵」を見るだけでなく、実際に入って体験することができますよ!

このほか「観光案内展示室」があり、堺の観光情報や見どころが紹介されているなど大変見どころの多いスポットとなっています。

 

企画展の内容

「与謝野寛・晶子夫妻の旅ーパノラマ地図でたどる観光名所ー」とあるように、実際に夫妻が旅した場所を吉田初三郎のパノラマ地図でご紹介しています。

さかい利晶の杜

今回の展示は、夫妻が旅した回数が最も多い昭和6年(1931年)の北海道・九州・四国の旅に注目しました。

生涯で4万首近くもの歌を詠んだと言われている晶子。

実はこの「旅」というのも正しくは「仕事」なんだそうです、今でいう出張ですね。

講演会やPRのため訪れた先で歌を作る、そんな旅を晶子は「旅稼ぎ」と呼んでいたそうですよ。

そんな晶子が旅とともに詠んだ歌は情景を思い描くことができるような、ときどきクスッと笑ってしまうような感情をゆさぶる歌もたくさん展示されています。

さかい利晶の杜

さらに戦前の時代の”観光”とはどういうものなのか、ということもあわせてご覧いただくことができますよ。

夫妻の足取りからたどる各地の観光名所が昭和初期と現代はどう変わっているのかなど、旅気分で巡っていただくことができます。

 

他にも晶子の初公開の手書き原稿や地図など、貴重な資料が豊富に展示されています。

この機会にぜひともご覧ください!

期間は2021年11月20日(土)~2022年1月23日(日)までです。

 

展示物はここに注目!

もちろん全てが素晴らしい展示なのですが、特に注目していただきたいものをピックアップしました!

パノラマ地図

さかい利晶の杜

パノラマ地図は最大でたて76cmよこ330cmにもなるものもあり、大迫力の展示物です。

現代の地図とはまた違う手書きの温かみやデフォルメのキュートさが、むしろモダンに感じます。

特に「函館市鳥瞰図」は巻いて保存されていたため、色が損なわれず現代でも鮮やかな色彩を楽しめます、ぜひ現地でご確認ください。

晶子手書きの原稿

さかい利晶の杜

初公開の非常に珍しい「手書き原稿」の展示です。

今回の展示にもあります油屋熊八主催の「大掌大会」で式辞を読むこととなった晶子が、実際に書き込んだ”生原稿”です。

大変貴重な資料なので、劣化を防ぐためこちらでは照明が少し暗くなっております。

寛・晶子夫妻と吉田初三郎の記念写真in別府地獄めぐり

今回のテーマである「与謝野寛・晶子夫妻」と「吉田初三郎」が映っている別府地獄めぐり一行の記念写真です。

立っている人物のうち、右から4人目が晶子・左隣が寛・2人の前の和服の男性が吉田初三郎です。

さかい利晶の杜
別府海地獄での記念写真(個人蔵)

 

館内の案内と学芸員の矢内さんよりメッセージ

今回展示を案内していただいた学芸員の矢内さんにもご参加いただき、動画を作成しました!

堺の文化や歴史を愛していらっしゃるんだなということがとっても伝わってきますね。

もしご来館の際に会えたら、気になることを質問してみてくださいね♪

 

まとめ

コロナ禍で旅行に行けない中「少しでも観光気分を味わってもらえたら」という思いで始まった今回の企画。

戦前にはすでに現代と変わらない旅の文化があったことに大変驚きました。

色々な角度から堺の歴史が見えるさかい利晶の杜の建物がガラス張りである理由、

外から中を見てほしいのではなくて、中から外を見たときに歴史を感じられるからガラス張りなんです。
2F東からは利休の屋敷跡が、北からは晶子の歩いた道が見えるんですよ。

という矢内さんのお言葉が印象的でした。

1Fのショップでは、夫妻が巡った温泉の気分を味わうことができる「入浴剤セット」の販売もされています♪

さかい利晶の杜

ぜひ、足を運び実際にご覧くださいね!

開催期間
令和3年11月20日(土)~令和4年1月23日(日)
休館日 第 3火曜日(12月21日、1月18日)、年末年始(12月29日~1月3日)
観覧料
大人300円(240円)・高校生200円(160円)・小中学生100円(80円)※常設展示室(与謝野晶子記念館、千利休茶の湯館)と共通料金
※(カッコ)内は 10名以上の割引料金
※堺市内在学の小中学校と引率教職員は無料
※障害のある方とその介助者は無料(要証明書)
 さかい利晶の杜
住所:堺市堺区宿院町西2丁1-1
TEL:072-260-4386
HP:https://www.sakai-rishonomori.com/
 

《注釈》
※店舗情報、記事内に掲載している商品、価格等は取材時点のものです。
掲載内容の情報はできる限り正確に保つように努めていますが、最新の情報は店舗様にご確認ください。
※外出自粛が要請されている場合は、不要不急の外出はお控えください。
※来店される際は、必ずマスク着用など感染防止対策にご協力をお願い致します。