【隠れ家カフェでのんびり@marucoffee】:深井駅から徒歩1分

社会に入り、社会の厳しさと挫折を味わった中国人留学生のりんごです。

先日、3ヶ月ぶりにさかにゅーの会議に参加し、久しぶりに皆さんと会えて、とても嬉しかったです。記事を一所懸命に書いているみなさんの姿を見て元気になり、みなさんから暖かい励ましをいっぱいもらいました。

会議の後、私は深井駅から徒歩1分のところにある隠れ家カフェ、marucoffeeに行ってきました。実は、1年前、私は初めてさかにゅーの会議に参加した日に、marucoffeeでモーニングを食べたことがあります。ということで、marucoffeeは私にとってもう隠れていませんね。うふふふ。今回、ランチを食べてみたいと思います。

深井駅前のビルの2階に上がるとmarucoffeeにつきます。壁に分かりやすく「珈琲」と書いているのが面白いと思います。

私はカウンター席に座りました。出してくれた手書きのお手拭きはとても可愛いです!!自然と笑顔になれます。

私はオーナーに「この店の看板メニューはなんですか」と聞いたところ、オーナーは「初めてではないですよね」と言いました。

すでに1年以上も経ちましたが、オーナーがまだ私のことを覚えてくれています!すごくすごく嬉しいです。さかにゅーのライターをやっている中国人留学生と教えたら、オーナーは、「コーナーを持っていますね」と、さかにゅーの記事を読んでくれているようです。

オーナーは、さかにゅーマガジンのファンであり、私のコーナーが好きで、同じようなライターになりたい友達がいると教えてくれました。

ライターとしての声が文字を通して、ちゃんと読者のところに届いているのを感じると、嬉しいですね。

私はオーナーのおすすめで、クリームオムライスを注文しました。

カウンターには7席があります。オーナーが料理している姿をながめることできます。オーナーはテキパキと動いて、次々と料理を仕上げていきました。カウンター内から客席までの距離がとても近いので、気楽に会話ができます。

照明の光が優しくて、店内のデザインもとてもシンプルで、落ち着きます。

ソファテーブルは3席があり、全部埋まっています。来店した客さんは全員常連さんで、オーナーと楽しく会話を交わしていました。みんながとてもくつろいでいました。

壁に休みの日を大きく書いていて、これもなかなか面白いやり方です。

店の片隅です。本棚には本がぎっしり並んでいています。本棚の高さはちょっと気になります。本を取るのが大変だろうね。

ランチは、メイン料理に、ジャガイモスープとサラダとドリンク付きです!

ベーコンクリームオムライスです!トマトジャムで「welcome」とハートを書いてくれました。オーナーのおもてなしをゲットしました!オーナーはとても可愛らしい方ですね。

オムライスの味はとても優しくて、美味しかったです。

その後も、さかにゅーの話で盛り上がりました。マルコーヒーのオーナーは、WEBサイトさかにゅーで7月アクセス数No1の記事で紹介された蕎麦屋さんの「蕎麦+酒=雲母」のオーナーとは知り合いで、店内のデザインにも手伝い、ライトの上の飾りに手を加えたと教えてくれました。私は早速その記事を見つけて、二人で一緒に見ましたが、残念ながら、写っていませんでした。

また、近くのパン屋さんで働いている可愛い女の子たちと知り合い、名刺を交換しました。そのパン屋さんは「パン・ド・エッセ」といいます。今度取材に行ってみたいと思います。

ランチタイムが過ぎましたが、客さんが絶えませんでした。常連さんが多いカフェですが、一人でも入りやすく、長くいても気まずくない店です。親切で可愛いオーナーさんと色々と会話ができるのがとても楽しかったです。

marucoffeeの店名は、オーナーのあだ名は、「まるちゃん」から名づけました。その理由を聞いたら、顔が丸いからだそうです。実は、オーナーは超美人で、顔がとても小さいです。店を出る前に、オーナーは120点の笑顔で見送ってくれました。

このように、さかにゅーを通して、新しい出会いができて、多くの人と繋がることがとても素敵です。

以上りんごの堺たびでした!!!

****基本情報****

marucoffee(マルコーヒー)

住所:大阪府堺市中区深井沢町3276 サワダビル2F
アクセス:深井駅下車徒歩約1分
営業時間:8:30~20:00(ランチ11:00~15:00;日曜日8:30~18:00;年末年始は営業時間変更の場合あり)

さかマガ11月号 10/19発行!!
さかマガ11月号 10/19発行!!