まち屋カフェ SACAY で堺の銘菓・銘茶をいただく

こんにちは編集長(ふ)です。今日は、ライターのもっさんと2人で堺区の山之口商店街にある「まち家カフェSacay」さんののれんをくぐってきました。

 

老舗が軒を連ねる山之口商店街と周辺の界隈には、江戸や室町の遠い昔に創業した和菓子の名店やお茶屋さんがあり、堺の味を今に伝えてきました。その商店街で泉州庵というお土産物店をオープンすると、ある不満を知ることとなりました。

「観光客から、堺の和菓子のお店は沢山あるけれど、ゆっくりくつろいで味わえる場所が少ない、というご意見が多くあったんです」

だったら堺の和菓子を楽しめる場所を作ろう、それが開店の動機だったと「まち家カフェSacay」の店長辻野幸子さんはいいます。

Sacayという一風変わったつづりは、堺が南蛮貿易などで繁栄した「黄金の日々」の時代に、ヨーロッパで作られた世界地図に京都、鹿児島、そして堺(Sacay)と掲載されていたことから、その時代に少しでも近づきたいという想いが込められています。

カフェタイムを楽しみながら、辻野さんにお話を伺いました。

 

 

■堺の銘菓が楽しめる

Sacayの看板メニューは、「和菓子セット」「みかんくるみ餅」です。

「和菓子セット」は、「本日の和菓子」とドリンクとして抹茶か煎茶か珈琲を選べます。堺といえばご存じ「前田クラッカー」が添えてあるのも、何気にお得感アップ。「本日の和菓子」は、ご近所の丸市菓子舗さんをはじめ、宝泉菓子舗さん、美乃やさん、菓庵さとやさん、福栄堂さん、それに貝塚の塩五さんの逸品からのチョイスできます。

 

もっさんは、「和菓子セット」から宝泉菓子舗の「いちご大福」に煎茶のコラボ。僕は「みかんくるみ餅」とほうじ茶にしました。

 

この「みかんくるみ餅」は、Sacayが開発したオリジナル商品となります。

使用しているみかんは、酸味が強い泉州みかんで白あんと合わせています。一口いただくと、みかんのしっかりした味わいとさわやかな後味を楽しむことができました。

「このみかんあんで夏にはかき氷にしたいと考えているんです」

と辻野さんから、夏が待ち遠しくなるお言葉。これは新しい名物になるかもしれませんね!

 

 

■和菓子×お茶のマッチングにもこだわって

美味しいスイーツには、やっぱり美味しいドリンクが不可欠です。

「それぞれの御菓子にあったお茶をおすすめしているんです」

Sacayで提供しているドリンクも、堺の名店のものです。

「お茶はつぼ市製茶本舗さん、松倉茶舗さん、西尾茗香園さんから。コーヒーは三喜屋珈琲さん、ジェットコーヒーさん、ふかい珈琲さんのものです」

コーヒー豆も茶葉も店内で購入することができます。

 

単に色んな所から、いい豆と茶葉をセレクトしただけではありません。

「全部のお茶やコーヒーごとに淹れ方が違うので、それぞれのお店にまで淹れ方を習いにいったんです。私はもともとコーヒーが好きだったんですが、温度一つでこんなに違うのかと驚かされました」

温度だけではなく、三喜屋珈琲さんの「極利休ブレンド」はハンドドリップで、ジェットコーヒーさんの「堺珈琲」は3分間蒸してから、ふかい珈琲さんのケニア豆はSacayさんのお店で焙煎からと、特性に合わせた淹れ方がありました。

 

■ゆっくりくつろいでもらうのがコンセプト

「(名店の)コーヒーやお茶を使わせてもらっているのだから、最高の状態でおだししなければ」

コーヒーに力を注いでいるように、お茶にも秘密がありました。そのひとつが急須です。この急須は可愛いだけではなくて、普通の急須と違うところがあります。茶こしが急須の内側に貼られており、茶葉を入れる広い空間があるのです。これによって、お湯を注いだ時に茶葉がよく動き、美味しいお茶を淹れることが出来るのです。

「洗うのは大変なのですが、美味しく飲んでもらえるのでこの急須にしました。2杯目、3杯目と楽しんでもらえるように、お湯もポットでお出ししています。というのも、このお店のテーマはゆっくりくつろいでもらうことだかからなんです」

辻野さんが試してみたところ、なんと5箭目でもしっかりお茶の味がしたとか。

 

 

「湯呑も変わってますね。可愛い」

もっさんの言葉に、辻野さんがうなずきます。

「気づきました? お茶を飲んでいくとハートが出てくるんですよ」

お茶を淹れると水位の高い位置では水面はクローバー型に。飲み進んでお茶が少なくなるとハート型に水面が見えるのです。

最初は上から見るとクローバー。

 

飲み進めるうちにハートが登場!

 

「飲んでいるうちに、お客様が『あっ』っと気づかれたりして、楽しんでいただければとこのお湯呑を選びました」

お客様は、お昼時を過ぎてから、ご近所の方が来られることが多いのだとか。

「主婦にとって、ちょっと一息がつける時間ですからねぇ」

と、もっさんが共感します。

 

■堺にこだわった店づくり

「今年の1月にオープンして、ご近所の方が来てくださるようになりましたが、観光客の方にももっと来ていただきたいですね」

それは名は体を表すように堺と泉州にこだわっているからです。お店を見ると、堺出身のアーティストによる堺の風景の絵、堺名産の注染も飾られています。堺のお土産物も、カフェでも泉州庵でも購入できます。

 

かつての堺は貿易で海外から入ってきた材料や技術によって、和菓子やお茶をはじめ様々な文物が生まれて栄えました。その成果が、このカフェには集まっています。まち屋カフェSacayは、味覚でも視覚でも様々に堺を体感できるカフェなのです。

堺の人にも、内外の観光客にもぜひ足を運んでもらい、ゆっくりとくつろいでもらいたいですね。

 

 

※※基本データ※※

店名:まち屋カフェ Sacay

住所:大阪府堺市堺区甲斐町東 1丁2-18
(堺山之口商店街内)
TEL : 072-275-5575
営業時間 10:00〜18:00
※木曜定休(予定)

web:http://www.sacay.jp/

オススメ関連記事

さかにゅー応援団=アンバサダー募集!!
さかにゅー応援団=アンバサダー募集!!
さかマガ10月号 9/20(金)発行!!
さかマガ10月号 9/20(金)発行!!
女性のためのおしごと博 9/26開催!!
女性のためのおしごと博 9/26開催!!
さかにゅーライター大募集!!!
さかにゅーライター大募集!!!
★募集★堺・南河内の新規開店情報求む!!
★募集★堺・南河内の新規開店情報求む!!
お得なアプリ「ぱどにゃんこCHECK」
お得なアプリ「ぱどにゃんこCHECK」
採用するまで無料‼堺市のオフィスワークならぱどの人材採用
採用するまで無料‼堺市のオフィスワークならぱどの人材採用
あなたの街のお医者さん
あなたの街のお医者さん