【1月オープン】書店ゼロ”堺・美原で「まちなか文庫」がスタート 

美原

最近は昔よくあった小型書店は無くなっていて、ショッピングセンター内などにある大型書店に本屋が入っているのが主流になってる中、大規模な商業施設のない

美原区は現在書店の数はここ数年ゼロで新規出店の計画もないのが、現状だそうです。

そこで、書店のない堺市美原区で子供たちに本を読んでもらう機会を増やそうと,

美原区は来年1月、黒山の区役所1階に子供向けの本を集めた

「美原まちなか文庫」をオープンするそうです。ehonn

まちなか文庫の対象になるのが、子供に読んでもらいたい図鑑や絵本、読み物、教育漫画など。

区役所の1階に設置されている、こちらの文庫回収ボックスに投入するか、区役所企画総務課に直接持ち込んで寄贈します。

本の寄贈は今月1日から始められています。

集まった本は1月以降、美原区内の図書館の司書の協力で、子供たちが自由に読んだり、借りたりできるよう、区役所1階にまちなか文庫として1月にオープンするようです。

私も、今年だけでも美原ではないですが2店舗の街の本屋さんの閉店を取材しました。

堺市でも、少なくなっている現状で美原区は書店がゼロなんて、とてもビックリしました。

でも、「まちなか文庫」が出来れば美原区の子供たちにきっと喜んでくれるでしょうね。

お家に眠っている絵本などあれば、是非美原まちなか文庫に寄贈してくださいね。

mihara

さかマガ5月号 4/20発行!!
さかマガ5月号 4/20発行!!