【新店&さかにゅーふれんず】2/3オープン*Cafe TENTO(カフェ・テントウ) 

堺市の南区最南端から車で5分。
地域は和泉市ですが、番外編としてお届けします。

ちゃっかりしっかり、【さかにゅーふれんず】になっていただきましたよ♪

場所は、槇尾山の麓、横山地区です。
高齢化が進むこの地域で、何やら築80年の古民家を再利用して、「お天道様の様に、人が集まりほっこりできる場所」として、Cafe TENTOが2018年2月3日(土)にプレオープンします。

2/5(月)~グランドオープンです★

地域の人が集まり、赤ちゃんからお年寄りまでが日中ほっこりできる古民家カフェ

オープン前にお伺いしてきました♪
オープン前の準備している時に、どこで噂を聞いたのか、河内長野市や他地域の方が数名の方が来られているとのこと。この地域のカフェって珍しいですもんね。

代表の藤原陽介さんにお話を伺ってみました。

-なぜこの場所にCafeを?
生まれ育った大好きなこの地域。でもかなり高齢化が進んでいます。
高齢で一人暮らしやご夫婦だけで暮らしている方がたくさんいます。家から出る機会も少なくなりどんどん引きこもりがちになります。
そこで、用事がなくてもふらと立ち寄り、なんかお家にいる気分でゆったり過ごしてもらえるコミュニティスペースを作りたかったんです。

人のいるところで過ごす、少しでもコミュニケーションをとることは脳の活性化につながります。

また、赤ちゃん連れのママ・パパにもぜひ集まってもらいたい。
「一人で育児って、大変だしストレスも溜まりますよね。悩みや情報を共有したり、人生の先輩であるお年寄りの方たちと、赤ちゃん、ママたちが集うことで、地域の繋がり助け合いでみんなが元気になってもらえたら嬉しいです。」と藤原さん。

「コミュニティー」=「やすらぎの場」=「ママの息抜きの場」=【Cafe TENTO】

空き家だった古民家を再利用。
土間・縁側がとっても懐かしかったです^^

店内を拝見!!
土間からお靴を脱いで、お部屋に♪
ゆったりソファー席

天井を見上げると1本の太い梁がス・テ・キ♡
そこにシャンデリア!! とってもマッチして良い雰囲気です!

奥はテーブル席

み~つけたっ!私の大好きなだるまストーブ♡

 

さらに横に2部屋。
プレオープンイベント準備の為お荷物がありましたのでお写真は割愛^^;
1つはキッズのフリースペース
もう1つは、イベントでも利用可のフリースペース

店内はジャズが流れています♪

イベントも、ママ向け・シニア向けと不定期で開催予定。

 

-“Cafe”ということは、お料理にもこだわりがあるんですか?
コンセプトは2つあるんです。
1つは、先に述べた地域活性
もう一つは、「食育」
直接口から入って体内へ入り、体をつくる元となる食事。
毎日3食。どんなものを口にするのか食生活は年齢に限らず大切です。
食事を意識することで、細胞の働きが変わります。

提供するのは【パン・サラダ・スープ・ドリンク】のシンプルなもの。
1つ1つにはこだわりがあるそうです。
パン…天然酵母のパンを主体に。
サラダ…できるだけ地元の野菜を。
スープ…素材や調味料1つ1つにも身体によいものを。
ドリンク…オリジナルのコーヒーや自家製のジュース。
もちろんドリンクのみでゆっくり過ごしていただいてOK!ドリンク350円~

 

心も体も健康になりそうですね^^
準備でバタバタされてる中でお邪魔しましたが、とっても落ち着く空間で安らぎました♪

*+*基本情報*+*
和泉市仏並町805(大畑町民会館ウラ)
TEL 0725-92-1655
月・木  9:00~13:00 午後からはシニア向けの塾開催
火・水・金・土・日 9:00~16:00
不定休
Wi-Fi完備、キッズルームあり
大型駐車場 15台(内 軽専用4台)
※駐車場から徒歩2分

◎おまけ◎
さっきー恒例
教えて~名前の由来!
TENTO(テントウ)
・・・・お天道様。お天道様はみんな平等に明るさ・温もりを提供してくれる。
TENTOもみんなが元気と安らぎを共有できる「心が温める場所」となるようにとの思いが込められてるんですって^^

道案内

点滅信号を右折

すぐ右手に見えるここが駐車場

 

 

 

 

 

 

 

大きな看板が目印

 

目印は車屋さん ここを右折

右手に町民会館が見えます

 

 

 

 

 

 

 

 

住所ナビ設定でスムーズにたどり着きます。

さかマガ5月号 4/20発行!!
さかマガ5月号 4/20発行!!