【2018/9/21❉リニューアル】半世紀続く老舗洋菓子店が”旅するケーキ屋”『marchen』に:

河内長野市で昭和47年から続く老舗洋菓子店『メルヘン』『marchenへとリニューアルオープン
”旅するケーキ屋”というのは、『marchen』で生まれたケーキたちが、様々な人の元へ旅してほしい。というオーナーの思いが込められているそうです。

お店の看板、旗を持ったクマさんがすごくかわいいぃ☆

 

店内はハロウィンの商品&飾りでいっぱい♬見ているだけでも楽しくなりました。

▲ハロウィンで使える個包装の商品がいっぱい

『marchen』の生クリームは北海道産純生クリームと、北海道産ビートグラニュー糖(てんさい糖)を使用することで、キレのある甘みとコクがある味わい深い生クリームだそうです。
そして、全てのスポンジはオーナーパティエが毎日焼き上げているので、口のなかで優しい甘さが融合し、ふわりと溶けていく、しっとりとした特別な食感なのだそうです。
今回は、”秋”をテーマにケーキを注文したいと思います。

▲どれも美味しそう~

栗、イチジク、マスカットが9月からの期間限定商品になるそうです。
(こちらの商品をお買い求めの際は、秋の期間限定となりますので、予めお店にお問い合わせの上、来店してくださいね。)
栗のショートケーキ「魔法のじゅうたん¥380」も美味しそうだけど、
「宇治の里¥400」と「いちじくのカスタードパイ¥420」にしました。

さて、お家に帰って食べるのが楽しみですっ♪

▲「いちじくのカスタードパイ」

カスタードパイとネーミングされていますが、見た目は普通のケーキですよね。周りにパイ生地が付いています。
ロールケーキにぐるっとカスタードを巻いているのだそうです。
ロールケーキにカスタードだと、凄く甘そう~と思いましたが、さっぱりとした甘さなので、全く重く感じない♬
「美味しい~♡」
中にサクサクした生地が(タルトなのかな??)入っていたので、違う食感、違う味がこの1つに詰まっています。
イチジクのケーキは初体験でしたが、美味しくいただけました。

▲中は何種類かを楽しめる構造に

お次は「宇治の里¥400」
最近栗が大好きになってきためいめい、既に栗ご飯を5回も炊きました…。

▲あったかいお茶のほうがよかったかな。

でたでた、ふわふわ&柔らかなお餅。雪見大福のようなあのふわふわ~。中には何が入っているんだろ~。期待大です。
切ってみましょ~。

▲中は何層にもなってる♪夢の断層や~!!

スポンジの上に抹茶のババロア、生クリームの隙間には小豆が挟まれています。それをふわっふわのお餅で優しくそっと包み込んでいます。
実は、和菓子そんなに食べられない私ですが、「宇治の里」凄く美味しいです!!
少し苦い抹茶のババロアと生クリームの甘さ、お餅と合う~♪もう、お口の中がふわふわでいっぱい。栗の固さがアクセントになります。

幸せな時間を堪能できましたっ♪

さてさて、お店の場所ですが、南海高野線千代田駅から徒歩約2分以内の場所。千代田駅の踏切を渡ってすぐ右側のお店です。

▲駅から踏切を渡り右側

提携駐車場も完備してくれているので、遠方からでもお買い物に行きやすいですね。
駐車券が必要になるので、お忘れなく。

▲駅から踏切を渡らず、曲がった所に提携駐車場。

 

❊ ❋❊ ❋❊ ❋<場所データ>❊ ❋❊ ❋❊ ❋
『marchen』

住所:〒586-0018 大阪府河内長野市千代田南町1−2
OPEN 9:00~20:00
定休日:不定休
TEL 0721-53-7843

さかマガ12月号 11/16発行!!
さかマガ12月号 11/16発行!!