住宅のプロ×収納のプロが建てた家が最強説!?入口から屋上まで見どころしかない『WAKUWAKUハウス』の家!@松原市阿保:

2020/02/21 お住まい

日々モノが増え、ダイニングテーブルが物置化している、編集室 たまです。
片付け・整理好きな私…この状況は辛すぎます(涙)

今回はさかにゅーアンバサダーのヒイラさんと
松原市に新しくできた『WAKUWAKUハウス』のモデルハウスに行ってきました!

なんと今回見せていただくモデルハウスは『収納』に力を入れているとのこと。
頑張らなくてもキレイが続くという、まるで魔法のようなお家なんだとか!
しかし!さかにゅーで数々の物件を取材している私…ちょっとしたことでは驚きませんよ?
どんなお家なのか見せていただこうじゃありませんか~^^

モデルハウスに到着~!

いやぁ~もうすでにいろいろ気になるところが…!
うずうずする気持ちを抑えつつ、
まずはダイニングで今回のお家についてのお話を聞かせていただきました。

▲(写真右より)WAKUWAKUハウスの眞鍋さんと横山さん

↓以前行かせていただいたWAKUWAKUハウスのお家の記事はコチラ↓
毎日楽しく笑顔で満たされる家を提唱★機能や動線確保は当たり前!もっと大切なこととは…@WAKUWAKUハウス モデルハウス【さかにゅー不動産*レポ】:

↓上記事の取材時の眞鍋さんのブログはコチラ↓
美人アンバサダーが遊びに来た。

眞鍋さん:
以前見ていただいたモデルハウスは「うちで建てるとこんなにいろんなことができますよ」とお見せするコンセプトハウスでしたが、
ここは住みやすさを考えた『収納や動線に特化した家』なんです。

収納計画で散らからないお部屋

『収納や動線に特化した家』ってもう、、
家事をする人にとって、魅力的すぎませんか!?
もっと詳しく教えてください!!

眞鍋さん:
通常、設計をするときの世帯状況で収納量を考えます。
例えば、夫婦2人・子ども2人の4人家族で住むとしましょう。
子どものモノは小さいので、子ども部屋の収納は、夫婦の収納スペースと比べると、少し小さく設計されることが多いんです。
でもよく考えてみてください。
子どもが成長するにつれて、モノって増えていくんです。
靴ひとつ例に挙げても、子どもが大きくなると靴も大きくなって、とてもかさばってきますよね。衣類などもそうです。
『子どもの成長と共にモノが増える』という、当たり前のことが計算されていないケースがほとんどなんです。

横山さん:
収納場所として、屋根裏やロフト・床下収納があるお家もありますが、
出し入れしにくかったり、年をとったら使いにくくなったりするケースもよく聞きますね。
あとは『動線』ですね!これが考えられていない家が多くて…。
このお家は生活の流れから間取りを考えているので、そのあたりも見ていただきたいです!

確かに!子どもが大きくなるにつれ、モノが増える(かさばってくる)って、完全に盲点でした…!
今回はこの収納問題を解決すべく、
WAKUWAKUハウスとコラボしている収納のプロ、『収納計画』さんに間取りをチェックしてもらっています。
そしてなんと!「ここにはこれを入れる」というように、
最初からモノの住所(収納場所)をすべて決めてしまうんです!
そうすることで、収納スペースが足りなくなったり、
あれはどこにしまったかな?と探すこともなくなって、住みやすさにつながるんですって!
あと、引っ越しの時もダンボールを置いてもらう場所の指示がしやすいので開梱が楽ですよ、とのこと♪

家づくりのながれ

横山さん:
早速ですけど、そこも扉になってるんですよ!
ぜひ開けてみてください^^

え!? どこですか?
…もしかしてここ?
(ガチャッ)

ぜんぜん分からなかったー!!
もしかして、もしかすると…

ここ全部収納できちゃうんですか!!
この量は半端ないですね~★

横山さん:
ここにはたまにしか使わない食器類を入れます。
意外とこういう食器って多くなりがちなんですよね~

分かります!!!
お客さんが来たときにしか使わない、いわゆる『良い食器』を入れられるんですね!
ええやつ ってよく使う食器のところに置いておくと、うっかり割っちゃったりして、
めっちゃへこむことありますよね?(私だけかな…)

もうすでに『収納の世界』に魅せられてしまいましたが、
改めて入口の方から見せていただきましょう!

やっと到着したときに見たところをお伝えできます!!
私が気になったのは…
『外壁』『ガレージ』『玄関上の格子』でした。

横山さん:
『外壁』は石材に見える、最新の材を使っています。
でこぼこしていないので、汚れが定着しにくいんですよ!

汚れやすく、汚れが目立つ外壁…なのに、そう掃除することないですよね。
だって面倒くさいんですもの(泣)
なので、この仕様はとっても嬉しいですね!!

▲『ガレージ』!めっちゃ広いですよ~!!
▲ガレージ前にも広いスペース。芝生が生えてくるそうです

眞鍋さん:
『ガレージ』は通常より広めに設計しています。
初めは家族で乗る車や自転車を停めておく場所として使い、
年をとって夫婦2人の生活になったら、
軽自動車をガレージ前のスペースに停めて、ガレージは納戸として使う…など、
『長く住んだらどうなるか』を考えて設計しています。

横山さん:
他にも例えばここでDIYをしたり、床を後から貼って教室を開いたりしてもいいと思います。

『ガレージ=車を停めるところ』だけではない
いろんな使い方を考えて設計しているところもまた素敵ですね♪

眞鍋さん:
夏は網戸の状態でこの勝手口を開けておいて、
日陰+コンクリート床のひんやりした空気を家に取り入れることができるんです!

なんと!!これは素晴らしいですね!
コンクリ床の格好良さはそのままで、「冷たい」という特徴をプラス要素にしています。
あと普通、ガレージの壁って、適当なものが多いのですが、ここは外壁と同じ。
開けっ放しにしておいてもいいようになっているんですって!配慮に拍手!(パチパチ)

眞鍋さん:
ちゃんと『ガレージシャッター』もあるんです!
自動で下ろすことができるんで、ぜひやってみてください!

(リモコンでピッ!)
ウィーーーン

▲わぁっ!下りてきた!

想像以上の静かさじゃありませんか!
私が知っているのは、棒で引っかけて下ろして
「ガラガラガラガッシャーーーーン!!!」
ってとっても音がするものです。なのでこれは衝撃的でした…。

『玄関上の格子』については後ほど、とのこと。
めっちゃ楽しみです~!!

では『玄関』へ!

▲外構もきちんとされていますね!

手前のおしゃれポストはもしや…!

きました!!宅配対応ポストですね!!
これで再配達のお願い&荷物を待つことも少なくなりますね!

そして中に入っていきましょう!

▲木の壁…いや、この溝はなんだろう?

えぇい!開けちゃえー!!
(ガラガラ)

▲大人2人が入れちゃいました♪

なんと『シューズクローク』でした!!
靴箱じゃないんです!箱レベルの大きさじゃありませんもの…。
棚板は靴などの高さに合わせて、取り外し可能!
玄関付近で行き場をなくしがちなベビーカーや、
かさばりがちな子どもの遊び道具や傘立ても、ここに収納できちゃう!

そして階段を挟んで横のスペースには…

▲手洗い器が!

外から帰ってきたらまず『手洗い・うがい』ですよね!
これで口うるさく「先に手ぇ洗いやー!」と言わずに済みそうですね(笑)
手洗い器のある場所からもう少し先へ進むと、

▲トイレですね!

これを見て何か違和感ありませんでしたか?
…実は収納スペースがないんです!
普通はトイレットペーパーや掃除道具を置く場所がありますよね。
しかし、トイレの空間をなるべく狭くないようにするため、

▲ここにあったんですね!

トイレの向かいに収納スペースがあるんです!
こちらにはトイレで使うモノのほかに、掃除機や脚立も収納します。
ちなみに右側に見えているのは、先ほどまでいたガレージの勝手口です。

少し戻って、手洗い器の向かいには…

▲子ども部屋です★扉が2つありますね…
▲シンメトリーになっています!なぜでしょう…
▲子ども部屋だけど大人サイズの収納スペース!

今は広々とした大きい1部屋なのですが、
子どもが大きくなって「1人1部屋欲しい!」となったときは
真ん中に壁を作って分けることができます!
そのために扉が2つあったり、シンメトリーになっていたのですね!
(エアコンのホース穴やテレビをつなぐところもきちんと2つずつありますよ)

眞鍋さん:
ちなみに床材はシートではなく、無垢板をスライスしたものを貼っています。
ですので、無垢のあたたかさや質感はそのまま、費用を抑えることができます。

▲手触りも無垢のまま!つい触ってしまいました(笑)
▲天井も木っぽい…なんで?

眞鍋さん:
それは『木視力』に気遣ったからです。
人間って木を感じると、心が落ち着くんだそうですよ。
なので、天井は木目調のクロスを貼りました。

子ども部屋が心落ち着く空間になっていたら、
「お片付けしなさーーい!」とか
「はよ勉強しなさーーい!」って言うこともなくなる…かも?

では、先ほど見たトイレの横のお部屋へ!

▲まさに大人な空間!和モダンな『夫婦寝室』

間接照明で明るすぎず、照らされた壁面のアクセントカラーがまた素敵♪
モノトーンの琉球畳がよりシックな雰囲気を醸しています。
この空間のそばには、

▲男の人が欲しがる『書斎』のスペースも!

高さは腰のあたりで、机の奥行に合わせた壁が使いやすくて◎
本が倒れず置けたり、でも目線を遮らない!ちょうどいい高さです。
この書斎スペースの左側には、

▲超広い!ウォークインクローゼット!!
▲片側だけ見てもこれだけたくさん収納できちゃう!

カバンって床に置いたり、椅子に引っかけてしまったり…
意外と置き場所がなくて、迷子になるんですよね。
そんなカバンは、この写真の左側の棚に置きます。
帽子もここに置いちゃいましょう。
収納ボックスを並べて置くのもいいですね!

では、ようやく2階へ。
1階だけでも見どころいっぱいだったので、より期待がふくらみます!

まずは上がってすぐの重要スペース…

▲めっちゃ広いキッチン!もうすでに引き出し開けちゃってます!
▲ここもこんな入るの!?と引き出し開けまくりです(笑)
▲もちろん食洗器もありますよ♪
▲背面には大容量の食器棚と電子レンジや炊飯器を置く場所が!
▲そして大容量の『パントリー』

始めにお伝えしたとおり、収納場所をあらかじめ決めて設計しているので、
これだけ収納できる場所があるんです!家具は必要ないですね^^
また、動線の点から見ると、

▲ここからリビングとダイニングが一望できます!

この場所はL字動線のちょうど角にあたる場所なので、
キッチンの横並びにあるバスルームも、見通しがいいんですよ!
また、階段から来た人の顔がまず見えるのがこの場所なんです。
ということは…
ここにいると、2階で過ごしている状況が大体把握できちゃうってこと★
そしてリビングの方をよく見ると、

▲この大きな窓とまるで舞台のような縁側的スペース
▲この下も収納!子どものランドセル置きにぴったり♪
▲窓を開けるとひろーーい『インナーバルコニー』

このインナーバルコニーの左側の格子に見覚えありませんか?
そう!これがお家に入る前に見ていた格子なんです!
こちら側が物干し場所になっていて、洗濯物を外から見えないようにするためだったんですね。
ここは屋根があるので、急な雨でも洗濯物が濡れにくく済みそうです!

▲階段横にもう1部屋につながる廊下が!

この手前の棚には、写真立てや子どもがつくった作品などを置くと華やかでいいですね^^
そして、ずらっと続く木の扉はまさか…

▲一面すべて収納スペースでした!!!

ちなみにここは、五月人形やクリスマスツリーなどの季節モノ、スーツケースなど、
年に1回程度出すようなモノを入れておく場所だそうです。

さっきちょっとだけ話に出た『バスルーム』がこちら!

▲ここに室内干しもできるの!?

これは嬉しい!!
寒い時期や雨が降っているときは、ここに干せちゃいますね!
そしてこの空間も収納スペースがたくさんあります!

▲タオル類や下着・パジャマを置くと、お風呂あがりもらくらく♪
▲洗面周りは細々したモノが多いのでこれだけあればいいですね!

そして最後に階段をのぼって…

▲こっちこっち!外に出ちゃいましょう!

じゃじゃーーーーん!!!

▲まさかの屋上ですか!!

屋上で遊べる家

これだけ広いとお友達を呼んでバーベキューしたり、
夏は子どもプールを出して遊ばせたり、
スクリーンを出して、映画鑑賞会やサッカー観戦…などなど!
いろんなシチュエーションが想像できて、わくわくしちゃう♪
(そのために屋外用コンセントや、タープを張る金具もきちんと備えられてました!)

お家の周りには高い建物が建っていないので、覗かれる心配もなく、
住むまちを見渡すことができます!
流星群とかも見えちゃうかもしれませんね★

▲屋上からおーい!私も2階のインナーバルコニーにいますよ!

今回のお家の平面図はこちら!
<1階>

<2階>

注釈でモノの場所が細かく書いてありますね!
ここまでしっかり考えられているから、長く住み続けられるんですね~!

不安解消F&Q

モノを探したり、片づけたり。
あっちこっち行かないと進まない、非効率な家事の数々…。
すべて解消できそうな夢のようなお家でした!!!
私は終始「このお家に住みたい」を連呼しておりました。

WAKUWAKUハウスが気になった方は
ぜひお問い合わせくださいね~♪


▲WAKUWAKUハウスのサイトはこちら!

【お問い合わせ】
WAKUWAKUハウス(株式会社山喜)
大阪府大阪市住吉区遠里小野5-18-12
TEL 0120-83-0909
営業時間 9:00~18:00
定休日 年末年始







お住まい関連記事

今週の人気記事