【住宅街で気軽に収穫体験♪】美原区南余部:くどうのうえん

わかごぼう

こんにちは☆もっさんです♪
野菜が美味しくなる季節にむけて、堺で美味しく安心して食べられるお野菜スポットを取材中です♪
今回ご紹介するのは、美原区の『くどうのうえん』さん。
こちらでは、十数年かけて畑を耕し、数十種類の野菜や果実を育てていらっしゃいます。

工藤さん

『宣伝しといてね~』とお茶目な工藤さん(^^♪

畑の手入れをされている工藤さん。自分で好きな野菜収穫してもらってもいいんですよ~。
驚きなのがこちらでは食べ頃の野菜なら、どのお野菜も100円で、お野菜代だけで収穫体験もできるんです
私は、写真撮影もあったので、収穫体験はしませんでしたが、特にお子さんは自分でハサミを使ってつるを切ったり、土の中から引っこぬいて自分で収穫することを喜んでいるとのこと。

【一番の人気は❝若ごぼう❞】
くどうのうえんで一番人気の野菜を持って帰ろうと思い、お伺いすると、「人気なのは、若ごぼうやで~」
えっ若ごぼう?!恥ずかしながら、知りませんでしたが八尾のほうで良く栽培されている野菜で、葉っぱから根っこまで食べられるとのこと。

若ごぼう

大きい!5束で100円です☆持って帰るのに苦労しました★

ワケギも3月~4月がちょうど旬とのこと。青々して新しいのが一目でわかります♪

わけぎ

もっさり!

スナップえんどう

もう少ししたら、きぬさやも食べごろとのことでした。

スナップえんどうも今が食べごろで、ぷっくり身のつきがいいものをお客さんに選んで採ってもらっているとのこと。
また、レタスやサンチュもたくさん栽培されていました!

サンチュ

サンチュも一株100円!!スーパーだとパック売りでしか見たことありません★

他にも今は甘夏やグレープフルーツなどの柑橘系も収穫できるとのことでした!
他にも桃や柿に金柑、さくらんぼに梨とビワ、グミの木などの果実も植えていて、毎年美味しい実をつけているそうです。

【若ごぼうの食べ方】
私は、若ごぼうとワケギ、サンチュを買って帰りました♪
葉から根っこまで食べられるとっても経済的な野菜若ごぼうは、調べたところによると、食物繊維や鉄分、カルシウム、高血圧を防ぐルチンなどの栄養価の高い野菜だそうです。
そんな若ごぼうの食べ方を工藤さんにお伺いしました!
今回、残念ながら葉っぱはもう食べない方がいいとのことだったので、今回は食べなかったんですが、もし食べる場合は葉っぱが一番アクが強いので、重曹であく抜きした方がいいとのこと。
そして、茎と根っこはしっかり洗って…

若ごぼう

根っこの部分は、たわしなどでこするといいですよ!

根っこの部分は、水でさらし、茎の部分は食べやすい長さに切ってから、湯がいてあく抜きをします。
湯がかれるわかごぼう

工藤さんお勧めの食べ方は、お揚げさんと一緒に煮るのが美味しいとのことだったので、私もそうしました!

料理1

【若ごぼうとお揚げさんのたいたん】

普段2枚70円のお揚げさんしか買わないわたしですが、今回は1枚100円のお揚げさんと一緒にたいたので、いい味が出ました(笑)見た目が、フキのようでしたが、フキと違って独特のにおいやクセがなく、触感も程よく歯ごたえがあって美味しかったです!クセがない分お子さんでも食べやすいと思います (^^)
根っこの部分は、茎の部分と一緒に刻み、炊き込みご飯にしました♪

炊き込みご飯。

細かく刻むと、より柔らかくなり食べやすくなります。