濃厚絶品ふわトロ食感!「安納芋の黄金フレンチトースト」レシピを大公開! コープの「今」を伝える情報誌【おいしいくらしNO.30】:

2020/10/01 PR

コープの「今」を伝える情報誌「おいしいくらしNO.30」を公開中です。

今号では、SNSで話題沸騰!高石市の人気カフェ「All day dining Hikari」の河野シェフ考案のレシピ「安納芋の黄金フレンチトースト」、特集企画では大阪狭山市駅前に誕生した、フリースペース「まちのリビング すきいま」が紹介されています。

今号のレシピを考案した河野シェフ。
実はこの方、関西テレビの「よ〜いドン!」や朝日放送の「おはよう朝日です」など、数々のテレビ番組に出演している有名シェフなんです。

その理由が写真のパフェ!
季節のフルーツをエベレストのように積み上げた、圧巻のビジュアルです。
「インスタ映えする」と評判で、SNSでは毎日のように写真が投稿されているそうです。
さらにリーガロイヤルホテルで修行を積んだ河野シェフは料理の腕も超一流!
スイーツも料理も、どちらも本当においしいお店なんです。

coopレシピ

その河野シェフが考案したコープコラボレシピが「安納芋の黄金フレンチトースト」!
特製の卵液に6時間つけこんだフレンチトーストと、コープの秋の味覚「立石さん達のねっとり甘い安納芋」をたっぷり使った、濃厚なクリームと、ふわとろの食感が一度に楽しめる全スイーツ好き必見のレシピです。
河野シェフによると「少し手間と時間がかかりますが、作業自体はとても簡単なので、お子さんと一緒に作れますよ」とのこと。

レシピ動画を見て休日のおうち時間に本格スイーツ作りを楽しんでみてはいかがでしょう?
くわしく手順を確認したい場合は、ホームページでチェックできます。

特集企画では、大阪狭山市駅前に誕生した「まちのリビング すきいま」をご紹介しています。

この「すきいま」は、コープが地域のみなさんと一緒に立ち上げた、誰もが気軽に立ち寄れる『居場所』をつくろうというプロジェクトから生まれたフリースペースとのこと。

自宅のリビングのようにくつろいでもいいし、イベントや面白いヒト・モノの発掘・発信など、ワクワクするような仕掛けを自分たちで作っていくこともできるそうです。

プロジェクト担当 野村さん(いずみ市民生協 地域活動推進部)からのメッセージ

「人と人がつながり、地域の力が生まれる。その力が、お年寄りを支えたり、子どもの貧困を解消したり、防災・防犯力を高めたりと、さまざまな課題を解決してくれる。みんなの笑顔があふれるまちづくりをめざして、コープでは地域のみなさんと一緒にこういった活動を続けています。大阪狭山市に住んでいない方も大歓迎なので、ぜひ一緒に楽しみましょう!」

人と人とのつながりの大切さをいっそう感じる今だからこそ、この居場所が大きな役割を果たすかもしれませんね。

実際の活動のようすや参加方法などはホームページやFaceBookで確認できるので

興味のある方はぜひのぞいてみてください。

「おいしいくらしNO.30」

Facebookはこちら

 



PR関連記事

今週の人気記事