職人の技が生み出す綿雪のようなとろろ昆布☆明治43年創業の老舗昆布屋さん『浅卯商店』の白とろろ【堺・南河内のおすすめ手土産特集】:

2020/12/10 グルメ

こんにちは☆こばです。
あっという間に12月に突入し、今年もあともう少し。
親戚やお友達のお家などに訪問する機会も多くなる季節ですね。

そんな時、ちょっとした手土産は何を持っていこうか?悩みますよね。
さかにゅーライターで選りすぐりの手土産を探して来ましたよ~!!
手土産選びの際にぜひ参考にしてみてください♪

住宅街にひっそりとたたずむ名店

さて今回私がやってきたのは、堺市堺区柳之町にある昆布屋さん『浅卯商店』

暖簾にあるかわいいウサギのマークが目印です。

住宅街にひっそりとたたずむ、知る人ぞ知るお店なんですよ!

なんと明治43年創業。100年以上もの間、堺で愛されているお店です。

遠方からも昆布を求めて買いに来るお客さまもいらっしゃるほど。

全国各地の有名レストランや料亭などにもおろしておられるそうです。

一流の料理人が認める名店なんですね。

お店の中に入ると歴史を感じる雰囲気です。販売されている商品は昆布のみです。職人の手によって丁寧に作られた逸品たち。商品の陳列は上記右側の一角に並んでいるもののみです。こちらの中からどの昆布にしようか決めます。欲しい昆布を選ぶと、出来立ての昆布を中で袋に入れてもらえます。

商品ラインナップ

△特選天然真昆布¥1000(税込)

北海道産の天然の真昆布を使用。昆布は獲れたてをお店に仕入れてから、種類に合わせて数年寝かしてから製品になるそうです。どんどん旨味が凝縮されていくんですね。職人の技が光ります。言うまでもなく最高のお出汁がとれますよ。

△とろろ昆布(白とろろ・黒しろとろろ)や塩こんぶ、おぼろ昆布、佃煮昆布類などなど。各¥500(税込)

どの昆布もご飯のお供に最高です!特にとろろ昆布類は超極薄!職人が特殊な刃物を使って手作業で限界まで超極薄に削り出されています。一番人気は『白とろろ』だそうです。

ご自宅用は上記のパッケージに入っていて、贈答用より内容量も多めでオトクです。

贈答用はウサギのマークの入った上記の木箱に入れてもらえますよ。

左側:¥1000円(税込)昆布が2種類入ります。

右側:¥1500(税込)昆布が3種類入ります。

お好きな¥500の昆布を選んで入れられますよ。箱代は別途かかりません。中に入れる昆布の代金のみです。良心的ですね。

 

 

▽ご自宅用のパッケージの場合の包装はこんな感じです。お友達への手土産なんかはこちらでも十分な感じですね。贈答用・ご自宅用共に、画像にある青い紙袋に入れてもらえます。

▽鑑賞用として、昆布のみを使って作られた人形が飾られていました!天然の上質な昆布が使用されているので、何十年たっても色や風合いはそのままです。昆布ってすごい!!!

いざ実食

さっそく一番人気の白とろろをご飯にオン!

伝わりますかね?このフワフワ極薄感!!粉雪のようにサラサラでとっても軽くてふんわりご飯にのっかります。

お箸で持ち上げた様子。綿菓子のようにきめ細かい繊維状になっています。

口に入れた瞬間に溶けちゃいます!!よくあるとろろ昆布って塩味が結構きつめに感じるんですが、この白とろろは塩味控えめで、昆布そのものの旨味で勝負している感じです。このフワフワ食感、一度食べたら他のとろろは邪道に感じます。うちの子供もまずその見た目と食感に驚き、『美味しい~♡』とパクパク食べていました!『次はお味噌汁にも入れてな~!!』とオファーも出ました(^^)

昆布が好きな方なら絶対喜んでもらえるお品だと思いますよ。自信をもってオススメします!!!

お店情報

お店の場所は、阪堺線神明町駅から徒歩圏内。チンチン電車の走る大道筋沿いにある『太陽堂』の角を曲がります。

阪神高速の高架下へ向かって直進します。

堺市立錦小学校が見えてきたら、その前に『浅卯商店』がありますよ。

浅卯商店

TEL:072-233-0637
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日
住所:堺市堺区柳之町東2丁3−37

 

この記事を書いたのはこの人!

こば
こば
北摂育ち堺に住んで14年、2人の子持ち主婦ライターです♪
趣味はカラオケ・ヨガ・おしゃべり。体の半分以上“口”でできています。
西区担当☆堺の町を愛車のバイクで駆け巡っています!
さかにゅーがどんどん盛り上がっていくよう、アクセル全開で走り続けます!!






グルメ関連記事

       

今週の人気記事