サンパレス七五三

七五三の基礎知識。お参りはいつ、どこに行こう?衣裳はどうする?意外な場所での七五三情報もご紹介!:

サンパレス七五三

もうすぐ「七五三」の季節ですね。

「七五三」って有名な行事なんですが、意外と自分の子どもがその年齢になるまで詳しい内容がわからないという方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は子どもの成長を祝う行事「七五三」についての基礎知識をお届けします。

また、さかにゅー編集部では、意外な場所で七五三ができるという情報もキャッチ!

どうぞお楽しみに〜!

七五三の基礎知識

七五三っていつ?

二十八宿のうちで最良の吉日「鬼宿日(きじゅくにち)」とされる、11月15日にお参りするのが昔からの風習とされています。11月15日に定着したのは5代将軍綱吉が定めた日を受け継いでいるんだとか。

【今どき事情】
11月15日前後は参拝のピークになるため、写真撮影を9月頃に済ませ、10月〜11月にかけてお参りをする人が増えています。

お祝いの仕方

3歳祝い(男女児)
江戸時代が始まりで3歳は「髪置き』の儀式を行いこの日から髪を伸ばし始める。
文字通り「髪の毛を頭に置く」儀式。かつて、悪病は髪の毛から入ってくると信じられていたことから、赤ちゃんから3歳までは髪の毛を剃り、病気にならないようにとされてきました。
髪の毛を伸ばしはじめるお祝いとして男女共に行われるようになりました。
鬼宿日は毎月1回あり、嫁取り以外は万事に吉という日です。

5歳祝い(男児)
5歳を迎えた男の子がはじめて袴を着ける儀礼で、宮中では「着袴の儀」(ちゃっこのぎ)と呼ばれます。この年齢で、武士の子供は、着物に袴をはくことができ、成長の節目のお祝いをした。ちなみに、皇室では男女の別なく行われています。

7歳祝い(女児)
「帯解きの儀」着物の付けひもをとり、7歳から帯でむすぶ習慣になる。
この儀式は女の子に行われる行事で、この年齢まで紐(ひも)付きの着物を着ていた幼女が、大人と同じように着物に腰紐を巻き、帯を結びはじめることをお祝いします。

七五三の服装

3歳⋯被布(女児)/洋服(男児)

5歳⋯紋付・羽織・袴(男児)

7歳⋯四つ身の祝い着(女児)

ご両親の服装⋯正装した子供の衣裳の格に合った装いをしましょう

数え年?満年齢?

以前は数え年が主流でしたが、最近では満年齢でお祝いする方も増えています。
年齢に関してはどちらでもOK!男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年にお参りします。

千歳飴

「ちとせ」は千年という意味。ひっぱると伸びることから寿命が延びると考えられる縁起物。いつまでも健康で長く生きてほしいという願いが込められています。千歳飴は、鶴亀(つるかめ)や松竹梅などの縁起の良い図案の描かれた千歳飴袋に入れられています。

どこへお参りすればいいの?

七五三はその歳まで無事に成長してくれたことに感謝し祝う儀式。一般的にはそれまで守ってくれた地域の氏神様へお参りするのが基本ですが、地域の有名な神社などにお参りされる方も多数。またお祝いの儀式はお寺でも行ってもらえるので、一度行きたいところに問い合わせてみるといいですよ。

結婚式場で七五三?

堺市中区「深井」の結婚式場『サンパレス』でも七五三を行うことができるそうです。

今回はその様子を取材させていただきました!

え?結婚式場で七五三?と思いましたが、

なるほど!結婚式場なので館内にこんなに立派な神殿があるんですね。

予約制なので混み合う心配がないことも、このご時世には嬉しいところ。

2021年は11月20日(土)・28日(日)に七五三が行われます。

しっかりと神主さんによるご祈祷もしてもらえます。

屋内なので天候に左右される心配もありません。

よく考えたら、結婚式場で七五三ができるメリットはたくさんありますね。

たとえば、衣裳!

七五三の時に何を着ればいいのか悩む方も多いと思います。

その点、結婚式場なら子どもから大人までたくさんの衣裳レンタルが可能です!

事前に来館し、当日の衣裳を決めておくことができます。

たくさん種類があって迷いますが、プロの的確なアドバイスを参考に選びましょう。

当日も着付けをしてもらえて安心。

普段着で来館して、館内で着替えができるのも大きなメリット。

慣れない着物で長時間過ごしたり歩き回ったりするのは大人も子どもも大変ですからね。

さらに、そのままスタジオで写真撮影まで!

これも結婚式場ならでは。

着替えてすぐ、ご機嫌なうちにいい写真が撮れそうです(笑)

しっかりとプロのカメラマンが笑顔を引き出してくれますよ。

お参り(ご祈祷)前の控え室も広々。ゆったりと待ち時間を過ごせます。

いよいよ巫女さんの案内で神殿へ。

ご祈祷も無事に終わりひと安心。

ご祈祷後の食事は、館内個室でのご会食や、お祝い御膳を自宅用にテイクアウトすることも出来ます。

また、サンパレス2階の眺めのいいイタリアンレストラン「パパ・ヘミングウェイ」を利用するのもおすすめです。


関連記事:秋のスペシャルランチ開催中!眺めの素敵なイタリアンレストラン『パパ・ヘミングウェイ』:


神社へのご祈祷、レンタル衣裳、食事などさまざまな予約や手配が必要となる七五三。

それらが一括でまとまっているのはとても便利ですね。

今回ご紹介した『サンパレス』での七五三は人数限定のため、お早めにお問い合わせください。

ご予約、ご祈祷料、着物レンタル料などについてのご質問は『サンパレス』コスチュームサロンまで。

施設概要

サンパレス コスチュームサロン
住所:堺市中区深井水池町3238
電話:072-278-1188
定休日:水曜日
HP:https://sunpalace.co.jp/
 

《注釈》
※店舗情報、記事内に掲載している商品、価格等は取材時点のものです。
掲載内容の情報はできる限り正確に保つように努めていますが、最新の情報は店舗様にご確認ください。
※外出自粛が要請されている場合は、不要不急の外出はお控えください。
※来店される際は、必ずマスク着用など感染防止対策にご協力をお願い致します。