タブー?不謹慎?さかにゅーライターが相談で実感「聞いて良かった!」ご葬儀のあれこれ『堺葬儀相談センター 葬儀の保堂』:

皆さんはご葬儀について、調べたこと、家族と話し合ったことはありますか?

いつかは自分や家族に関係することとわかっていながら、なかなか真剣に考える機会もないのではないでしょうか。

・もしも、の時。まず誰に相談すればいいのか?

・何をどんな流れで進めていけばいいのか?

・お金はどのくらいかかるのか?

あまりにもわからないことが多すぎて、調べるのもおっくう・・・。

ただ漠然とした不安だけを抱えている、という方も多いかもしれません。

今回は、そんな不安を持つさかにゅーライター2人が『堺葬儀相談センター 葬儀の保堂』さんでご葬儀についてのお話を聞かせていただきました。

※感染症対策を徹底しながら取材を進めています。必要な場面のみ、特別にマスクを外して撮影しております。

追加料金にびっくり?知っておきたい葬儀のお金

▲さかにゅーライターいしはら(左)と、だのん(右)がお邪魔しました〜

相談にやってきたさかにゅーライターを出迎えてくださったのは、『堺葬儀相談センター 葬儀の保堂』代表の保堂 直生(ほどう なおき)さん。

保堂さんは葬儀のプロとしてメディア出演も多数。

葬儀について何を聞けばいいのかすらわからない2人をしっかりとリードして丁寧に説明をスタートしてもらえました。

保堂さん:
家族に不幸があった時には、大変な悲しみや不安の中で、冷静な判断は難しいと思います。
事前に自分や家族の葬儀について家族間で話し合い、万が一の時に備えておくことが重要です。

いしはら:
たしかに、ご葬儀の手配や一連の流れ、金額についても事前に知っておくだけで全然違うでしょうね。

だのん:
知り合いから聞いた話ですが、ご家族に不幸があった時に病院に紹介された葬儀社の言われるがままに進めていたら驚くような金額の請求がきた、と・・・。

保堂さん:
そのような金銭的なトラブルもよく聞きます。一般の方にはわかりにくい部分ですが、祭壇のお花の数やお料理の質などでもかなり金額は変化します。
何が最適か判断基準を持たない中で勧められてしまうとつい断りにくくて気がつけば当初の見積もり金額よりも高額な請求がきてしまうというケースも少なくありません。

だのん:
勧められてもそれが本当に必要なのか?それが安いのか?高いのか?は判断できないですよね。
いざ、そういう状況になってからでは、あれこれ調べている余裕もなさそうですし。
やっぱり、事前にある程度のことは知っておかないと怖いですね。

保堂さん:
当社ではそういったご費用の不安を取り除くために、追加費用が不要なプランの提示をしています。
ご遺族の方に親身になって寄り添う葬儀を提供することを心がけていますので、費用に関しても正直な価格でわかりやすいシンプルさを意識しています。

いしはら:
今のお話を聞いていて、追加費用がないというのはかなり安心ですね。
プランごとの違いもわかりやすいので、これなら選びやすいと思います。

だのん:
葬儀会社によっても費用体系はいろいろありそうなので、やっぱり家族で相談して、万一の時にはどこに頼むかを決めておくのも大切ですよね。
そういう意味では保堂さんのように気軽に相談できる窓口があるのはありがたいです。

 


ここから話はさらに深〜いご葬儀の話に・・・。

知らなかったことばかりで、さかにゅーライター2人も「え!そうなの?」「うわぁ〜、その話聞けて良かった」「気をつけます」と驚きっぱなし。

が、ちょっと内容が踏み込みすぎていて残念ながらここでは紹介ができません。

たとえば、どんな話だったかというと、

・互助会に入っているから大丈夫?いや、気をつけないと…

・ネットで簡単に申し込みできる格安葬儀のカラクリ。実はアレ…

・テレビCMでよく見る名前だから安心?いえいえ…

ほらね、ちょっと詳しくは書けないでしょ(苦笑)

保堂さんは決して他社批判をしているのではなく、あくまでも「消費者目線」で知っておいた方が良い情報を正直に伝えてくださっているという印象を受けました。

気になる方は、ご自身の相談の時に質問してみてください。きっと答えていただけますよ!

 

タブーでも、不謹慎でもない!まずは気軽に相談してみることが大切

だのん:
今日は本当に勉強になりました。慌ててしまって満足のいくお見送りができなかった、というような後悔をしないためにも、事前に家族で話し合うこと、プロに相談しておくことがどれほど大切かがよくわかりました。

いしはら:
私もです!でも、ぶっちゃけ・・・。
葬儀の話を家族とするのは縁起が悪いというか、タブーのような気もして、どうやって切り出そうかな、と。

保堂さん:
たしかにそうですよね。お気持ちはよくわかります。
でも、たとえば生命保険の加入についてご家族でお話をされることもあると思います。
生命保険も万一の時のことを考えて、いざという時に備えて検討される訳ですよね。
葬儀についての相談もそれと同じだと思ってください。

いしはら:
なるほど!一気にハードルが下がった気がします。
もしものときに備えて、葬儀の心構えをしておくことは決して不謹慎なことではないですね。

保堂さん:
はい、まずはその意識でご家族とお話をしてみてください。
そして、きっとわからないことがたくさん出てくると思いますので、その時はどんな些細なことでも結構です。お気軽にご相談ください。

 

少人数のご葬儀に最適。ひと家族貸切りの家族葬ミニホール

堺葬儀相談センターのすぐそばには、10名様未満のご家族様だけでのお見送りが出来る『家族葬ミニホール』があります。

堺市民の多くが利用されるであろう「堺市立斎場」からも近く、阪和線堺市駅から徒歩5分以内、大和高田線沿いの非常にわかりやすい場所です。

「堺市立斎場」は式場が40席と70席の2種類のみで、10名様未満ではかなり寂しいのと、ステージなども5メートル程の横幅があり、祭壇や供花などある程度の飾りが必要になります。
また、24時間直接斎場で安置は出来ませんし、冷蔵庫に保管となる為、預けてしまうとお通夜までお顔見る事出来ません。
斎場で安置でなく違う場所で安置してから斎場に移動となる方が殆どです。
葬儀社によっては安置施設がかなり遠い所もあり、移動が負担になる場合もあります。

そういったお困りごとを解決できるのが、参列者10名様以内のひと家族貸切り『家族葬ミニホール』です。

1階部分に祭壇があり、費用を抑えつつもしっかりと生花祭壇でお見送りができます。

2階がそのままご家族の休憩スペースとして使用でき、宿泊も可能です。

近くには飲食店やコンビニ、パーキングがありとても便利。

急なご不幸だった場合などはこちらでご葬儀の打ち合わせをすることもできます。

家族だけでゆっくりと最期のお別れの時間を過ごすことができるスタイルはこれからますます消費者のニーズが高まりそうです。

 

堺葬儀相談センター 葬儀の保堂について

堺葬儀相談センター 葬儀の保堂

TEL:0120-380-975(24時間365日対応)

住所:堺市北区中長尾町3-5-21(堺葬儀相談センター)

堺市北区中長尾町2-5-15(家族葬ミニホール)

HP:https://sakai-sougi.com/

堺市北区中長尾町3-5-21(堺葬儀相談センター)

堺市北区中長尾町2-5-15(家族葬ミニホール)

保堂さんはSNSでも積極的に有益な情報発信をされています。

こちらもぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

Facebookはこちらから

Twitterはこちらから

 

 

《注釈》
※店舗情報、記事内に掲載している商品、価格等は取材時点のものです。
掲載内容の情報はできる限り正確に保つように努めていますが、最新の情報は店舗様にご確認ください。
※外出自粛が要請されている場合は、不要不急の外出はお控えください。
※来店される際は、必ずマスク着用など感染防止対策にご協力をお願い致します。